• WEBデザイナーの始め方、オススメの準備物や活動方法

    2020年01月10日

    こんにちは、ママWEBデザイナーのはる(@mamadesigner)です。
    今日はWEBデザイナーの始め方についてや、オススメの準備物などの紹介をしていきますね。

    WEBデザイナーの始め方

    始めるだけなら実はカンタン。

    ぶっちゃけ開業届を出して「私はWEBデザイナーです」と名乗ればOK

    え?それだけと思いますが、WEBデザイナーには資格が必要ありません。
    制作に必要な技術はある程度必須にはなりますが、〇〇までできたら、合格!といった明確な基準がありません。

    メモ
    資格もいろいろとありますが、資格がないとできない仕事ではないので「まずは資格を取ってから…」とせずに始められます。

    なので、お金を得るということに対して、きちんと開業届を税務署に届けて活動を始めたらなれます(開業届けについては、税務署に行って、職員さんに書き方を聞いて出しましょう)

    これだけは持っておこう営業ツール

    開業届を出すのとあわせて、営業ツールを用意するとスムーズでオススメです。

    ・名刺
    デザインはもちろん自分で!
    実績の1つにもなるし、デザインから印刷までできるレベルになれば、依頼引き受けも◎

    ・ブログまたはホームページ
    名刺では書き切れない実績や人柄などを詰め込むものになります。

    もし自分が依頼主の立場なら、相手がよくわからない人柄だったり、どんなことができるのか、わからなければ躊躇しますよね…

    実績がある程度できれば、パンフレットやチラシなども用意されるといいと思います。

    ただ私の経験上…
    • 最初からサービスメニューが決まってる方は少ない
    • WEBと違って簡単に書き換えたりすることが不可能
    • 印刷代、どこに置くか、どんな人に渡すか検討する必要あり…など

    渡す予定があるとかじゃない限り、最初からは必要ないです。

    さぁデザイン活動開始です

    開業届けと営業ツールがそろったら、いよいよ営業開始です。

    オススメは、身近な方や親類などからの依頼です。

    よく「友達だから値引きして」とかトラブルをお聞きしますが、まずは経験と実績を積むことが最優先です。

    あと身近な方だからこそ、制作を依頼してどうだったか公開OKなアンケートや実績公開も許可してもらいやすいメリットがあります。

    注意

    とはいえ、無料でやると

    • どんどんと要求されて、いつまでも終わらない
    • 関係性にひびが入ってしまう
    など、トラブルの元になってしまうので、必ず少額はいただくようにして、仕事としてここまでしたらこの費用と明確な区分を決めてスタートしましょう。

    ということで、ざっくりとしたお話になりますが、WEBデザイナーの始め方~準備物と活動方法についてご紹介してみました。

    必ずこれがいいよ!というものではないのですが、どう動いていこうか悩んでいるなら、参考にしてみてください。

    関連記事を読む

    子育てと在宅ワークとの付き合い方~WEBデザイナー×1歳児~
    どうやって実績を作るの?STEP式、実績の作り方
    【期間限定】Live2Dの教科書、30ページ無料公開!1枚絵からアニメーションを作ろう!
    【コロナ・休校対策】3月1日より、N予備校を「全ての方に無償で提供」開始!